手の震え 書痙 悩み 克服

手の震え、書痙の悩みと克服方法とは

スポンサーリンク

書痙(しょけい)とは何でしょう。
あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、これで悩んでいる人結構いるんです。
書痙とは不安障害の一つともいわれ、あがり症の人に多くみられます。

 

主な症状は人前で字を書く場合に手が震えてしまうといったことがおこります。
人前で文字を書くのが苦手、緊張するといって意識から出てくるものです。
これは仕事をするときに支障がでてしまいます。
そして意識すればするほど悪化していきます。
また、飲み会の場でお酌をするときに手が震えてしまうということも起こってしまいます。

 

こういったことに悩んだことのない人は大したことのないように思えますが、実際に症状がでると悩むものです。

 

この書痙は手の震えということから手の神経の病気のように感じますが、実はこのサイトのテーマである恐怖症に非常に近いです。
つまり手の震えは精神的なものからくるものです。
しかし、注意しなければならないことは、人前のみで手が震えるという症状が書痙であり、それ以外でも手が震える場合は別のこと、手の神経の病気を疑ったほうがよいです。

スポンサーリンク

では、この書痙を克服するにはどうすればいいのでしょうか。
慣れらばいいと考える場合がありますが、このあがり症の仲間である書痙はただ単に経験をして慣れればなくなるようなことではありません。

 

ではどうすればいいのか。

 

これは習慣的に意識を変えていく必要があります。
書痙に悩む人は他人にどう見られているかを非常に気にする人が多いです。
その意識が書痙の原因になっている場合が多いので、その意識を変えていきます。
人前では誰しも緊張するので、震えたって構わないという考えにしてみます。
そして、字を書くということにできる限り意識を持っていきます。
その意識や行動を繰り返すことにより、書痙が治る場合があります。
またあがり症が原因にありますので、あがり症を治すことに集中して克服すると、同時に書痙も克服できる場合が多くあります。

 

このように心の持ち方や考え方で大きく変わってくるものです。

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加