対人恐怖症 症状 原因 克服

対人恐怖症の症状と原因とその克服

スポンサーリンク

対人恐怖症とは日本人に特に多いです。
原因は日本の文化にあるといわれており、、日本独特の文化依存症候群とされています。
人と接するのが怖い、不安と言った症状があります。
あがり症といって人前で話すのが怖い緊張してしまうといったこともあります。

 

このように対人恐怖症の症状をまとめると
人と接する場合に不安や恐怖、緊張を感じてしまい、相手に変に思われるのでは?嫌われるのでは?といったことを過度に気にして対人関係を避けるまたは恐れる恐怖症です。
それならば、社会恐怖症と同じようなものかと言われれば、似ていますが同じではありません。
また、対人恐怖症の特徴としてよく知っていて仲良くなっている人とは不安を感じることはありません。
なぜか初対面の人とある時も同様であることがあります。
一番恐怖を感じるときは、少し知っている知り合いや単なる顔見知り、知り合いの知り合いなど微妙に知っているような中途半端な知り合いに会うことに不安や恐怖を強く感じることが対人恐怖症の特徴でもあります。

 

発症の原因について、よくあるのが進学や就職など新しい環境での新しい人間関係が発生するときに対人恐怖症が発症する場合が多いようです。

スポンサーリンク

治療としては森田療法が有名で成果を上げています。
これは短期間の入院を必要とします。
ただしこの森田療法では対人恐怖症の改善と同時に精神の変化があります。
まるで人が変わってしまったような変化があるようで、そういったことから敬遠される場合があります。

 

自宅で簡単にできる克服方法としては鏡を使ったミラートレーニングというものがあります。
鏡の前で笑顔を作ってみた、自分でいい笑顔と思ってみたり、それを声に出してみたり。
鏡をみながら対人の状況をイメージしながらの表情を作ってみるなど。
自己暗示という部分で鏡にうつった自分に向かって「大丈夫、できる、人前でも怖くない」など声にだしていってみます。
それが自分の無意識にすりこまれたりします。
もし対人関係やあがり症など悩んでいたら簡単にできるトレーニングですので、試してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加