高所平気症 原因 治療

高所平気症とは?原因と治療方法について

スポンサーリンク

高所平気症という言葉をご存じでしょうか?
高所恐怖症というものは、病気的に高い場所に恐怖を感じることです。
高所平気症とは高い場所でも怖くない、平気という症状です。
これ別に問題ないのではないか?と思いますか?
実は問題は大きいです。
その問題点の大きさは近年大きく取り上げられることが多くなりました。
その問題とは子供がベランダから落ちてしまうという事故が急増したためです。
特に高層マンションなどに住んでいる場合に高所平気症の子供がいる場合は大問題です。
子供はなぜベランダから落ちてしまうこというとその原因はベランダから下をのぞき込むことにあります。
のぞき込む理由は親が留守にしているため、親を探してベランダから下をのぞくようです。
その時にあやまって落ちてしまいます。
このように高いところから下を見ることが怖くないということは非常に大きな問題があります。
大人でも問題が起こります。
最近は高層マンションが増えました。
その高層マンションで育てられた子供は高層にいることに慣れてしまって高所平気症となってしまいます。
また、近年ベランダをリビングのように居住スペースとして使用することが流行っています。

お洒落とも言われます。
このことがベランダに物を置く原因となり、その物を置くことが子供が上る場所を作っているとも言えます。
これが子供の転落事故を起こす原因の一つにもなっています。

スポンサーリンク

そもそも高いところが怖いと思うことが普通のことなのです。
必要以上の極度の恐怖を感じることは恐怖症という病気ですが、高いところが怖いというのはなければならない感情でもあります。
人は自分の身に危険があると感じれば恐怖を感じてその危険を回避しようとします。
恐怖を感じるからこそ、危険を回避しようとするのであって恐怖が感じられなければ危険を回避しようと思いません。
そのことが事故につながっているということは言うまでもありませんが・・・
このような高所平気症を改善、治療しようとするならばなるべく外で遊ぶようにすることが大切です。
外で遊んで地面と自分がいる場所の高さの感覚をしっかりとつかむことが重要です。
その感覚をつかむことにより、高い場所=危険という認識が生まれます。
危険を判断できるようになりますが、高所恐怖症になってしまう危険もあります。
何事もバランスが重要です。
高所では恐怖を感じることは必要です。
極度に怖がるのはダメですが、全く怖くないというのもダメなのです。

スポンサーリンク