虫 恐怖症 ゴキブリ 克服

虫恐怖症、ゴキブリ恐怖症?!の克服方法とは

スポンサーリンク

虫が嫌いという人は多いものです。
それは男女関係なくです。
身近な虫でいえば、ゴキブリが嫌いという人は多いです。
理由は気持ち悪いということからです。
そのように気持ち悪いということから特定の虫を嫌う人は多いものです。

 

恐怖症全般に言えることですが、その原因のほとんどが幼少期のトラウマです。
子供の頃、ゴキブリが飛んできて怖かったことや蛾が顔に止まってきてびっくりしたことなど・・・
幼虫をみてびっくりしたなどのことがきっかけで虫恐怖症になります。
この虫恐怖症もただ虫に対して気持ち悪いという感情も持つだけでなく、
その特定の虫を見るだけで、冷や汗が出てきたり、嘔吐したり、過呼吸になったり、パニックを起こしたりなどします。
異常なほど病的に怖がる場合は虫恐怖症と言っていいでしょう。

スポンサーリンク

しかし、虫なんて日常生活で出会わないようにする対策はできるし日常生活にそんなに支障が出ないのでは?
と考える場合がありますが、実際虫恐怖症の人は問題です。

 

ゴキブリに恐怖症がある人で一人暮らしの場合ゴキブリが出た場合はかなり自体は深刻となります。
どうしようもならないということで、パニックになります。
こうなると、退治することも難しくなります。
一日中恐怖することとなります。

 

このように虫恐怖症は虫恐怖症でない人が考えるより症状は深刻です。
虫は避けたくても避けられない場合があります。
意外とどこにでもいるものです・・・虫などは。
ゴキブリなどは生命力が強いので、対策は難しくなります。

 

そのような虫恐怖症です。
やはりそのように日常生活に大きな支障をきたすようであれば、克服したいということになります。
その克服方法とは、残念ながら慣れることしかありません。
実物は怖いので虫の図鑑などの写真を見ることや、その虫の習性などを学ぶことで症状が改善されることもあります。
しかし、注意しなければならないことは、図鑑の写真を見て気持ち悪くなったりして、逆に症状が悪くなる場合があります。
無理せずに少しづつ慣れていくしか方法はありません。
どうしても無理ということならば、やはりカウンセリングなどを受ける方法があります。
虫恐怖症を持っている人は少なくないので、カウンセリングを受けることは可能です。
それでも、やはり克服方法は慣れということになるのですが、その人に合って慣れる方法を指導してくれます。
どうしても虫恐怖症のなかでゴキブリ恐怖症は特に日常生活に支障をきたします。
避けられない場合はカウンセリングを受けてみましょう。

スポンサーリンク