がん恐怖症 原因 克服

がん恐怖症の原因と克服方法とは

スポンサーリンク

がん恐怖症とは意外と多いです。
がんは広く知られた死の可能性の高い病気の一つです。
すべての人になる可能性があります。
またがんになりやすい体質が遺伝することも知られています。
例えば、近親者に胃がんになった人がいれば、その胃がんになる体質が遺伝する可能性があります。
こういったことは現在では常識のように周知されたことです。
このことが恐怖症につながります。

 

つまり近親者ががんになった人がいれば、自分もなるのではないか・・・ということを異常に気にする場合があります。
少し体調が悪かったり、特定の場所が痛かったりすると、がんではないだろうかという思いをいだいくようになります。
しかも、異常にそのことに対して恐怖をもってしまいます。
がんではないだろうかという不安を常に持ってしまい、不眠症になったりうつ病状態になったりします。
このような状態になると日常生活に支障をきたしてしまいます。
このような状態のことをがん恐怖症といいます。

スポンサーリンク

しかし、誰しもがんになる可能性はありますし、極端に恐れてしまってもどうしようもありません。
全く気にしないのも問題ですが・・・・
きちんと毎年がん検査を受けていれば早期発見の可能性は非常に高いですし、
早期発見の早期治療ならば、完治の可能性も高いです。

 

がん恐怖症を克服するには上記のようなことを認知する認知療法が用いられます。
恐怖症は特にこの認知療法を行うことが多いです。
がんの知識をキチンと身につけ早期発見の対策をすれば、そんなに恐れることはないと認知することです。

 

また、病は気からという言葉があります。
病気を気にしすぎると本当にその病気になってしまうということもあります。
このことから、がんを気にしすぎると本当にがんになってしまう可能性もゼロではありません。

 

あまりにもがんを気にすることや恐怖に感じて日常生活に支障が出るようなら、病院やカウンセリングを受けるようにしましょう。
このような恐怖症は根気よく治療を続けていく必要がありますので。

スポンサーリンク