鏡恐怖症 エイソプトロフォビア

鏡恐怖症、エイソプトロフォビアとは

スポンサーリンク

鏡恐怖症というものがあります。
英語でエイソプトロフォビアといいます。
英語では覚えにくです。

 

この鏡恐怖症とはまさに読んで字のごとく、鏡が恐怖の対象となります。

 

しかし、ほとんどの人が鏡を怖いと思った経験があるのではないでしょうか。
例えば夜中の鏡など。
鏡にまつわる怖い話なんてのもよくある定番の話です。
このようなことから、鏡が怖いなんて心理を持っている人は多いです。

 

しかし、恐怖症となると異常なほどに鏡を怖がります。
その理由としては、
自分の容姿が気になる・・・嫌い、コンプレックスがある場合が多いです。
鏡を見ると自分の容姿が気になって仕方なくなります。

 

もう一つの理由は上記でも記述した通りホラー的要素が怖いという理由です。
鏡が出てくるホラー映画などで、ショックを受けてしまいトラウマになってしまい、鏡が怖くなるといったことです。

 

夜中の0時や2時に合わせ鏡をしてはいけないなんて都市伝説もあります。

スポンサーリンク

こういったホラー的要素はホラーが苦手な人にとってはトラウマになり鏡恐怖症を引き起こす原因ともなります。
ホラーがすごく苦手であるならば注意しましょう。

 

この鏡恐怖症になるといろいろな場面で問題が起こります。
鏡は思っている以上にいたるところにあり、必要不可欠なものとなっています。

 

もちろん車を運転する場合、サイドミラー、ルームミラーがあります。
道路にも左右を確認するための鏡が設置してあったりします。

 

美容室などでは常に鏡と向かい合うこととなります。
鏡恐怖症の人にとっては非常に苦痛な状態となります。

 

お風呂やトイレ、玄関など自宅でも鏡はいたるところに設置してあります。

 

デパートでも多く見かけます。

 

このように生活に深く入り込んでいる鏡。
排除するのは不可能ですので、現在鏡恐怖症でない人はならないように注意しましょう。
思ってもみない場面で鏡恐怖症を発症なんてこともありえますので・・・・

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加