強迫性障害 不潔恐怖症 原因 治療

強迫性障害と言われる不潔恐怖症の原因と治療方法

スポンサーリンク

強迫性障害と言われる不潔恐怖症とはどのようなものでしょうか。

 

例えば手を洗っても洗っても汚れているような気がして手を洗うことをやめることができない。
衛生管理が心配で外食ができない
外で食事することができない(虫などが気になる)
ドアノブを触れない
階段などの手すりを触れない
つり革をつかむことができない
鍋料理を食べることができない
トイレの便座に座れない
キッチンやバスルームを異常に掃除し、除菌を行う
他人の家や病院のスリッパをはくことができない
寿司やおにぎりを食べることができない
お風呂で数時間体を洗うなどの症状があります。
潔癖症と同じです。
この潔癖症、不潔恐怖症の人は結構多いです。
おそらくこのページを見ているあなたも聞いたことがあることでしょう。
なかなか難しい問題ですが、克服方法はあります。

スポンサーリンク

もちろん、専門医に相談する、カウンセリングを受けるということはあります。
しかし、できれば自分で克服したいと思う人が多いのではないでしょうか。

 

自分でできる克服方法は考え方を変えることしかありません。
多少汚れているのは当然なんだと受け止めることが大事です。

 

また認知療法というものがあります。
これは手が汚れたと感じたときに「大丈夫」と自分に言い聞かせて、手を洗いにいく頻度を減らすようにします。
これを根気よく無理せずに少しづつ実践していくことができると、不潔恐怖症も緩和されていきます。
しかし、この認知療法はできれば医師の指導の元に行った方がいいです。
自分で実践してみてもいいですが、できれば専門医に相談しましょう。
薬物療法も当然ありますが、やはり根本的な解決にはならないようです。
医師が薬物療法が必要と判断すれば、そうした方がいいでしょうが・・・・

 

このように、克服には時間がかかってしまうものです。
根気よく治療していく必要があります。
当然極度の不潔恐怖症は日常生活に支障をきたすので、克服できるようにするのが最善です。

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加