子供恐怖症 ペドフォビア 症状

子供恐怖症、ペドフォビアともいわれるその症状とは

スポンサーリンク

子供恐怖症・・・意外と思われるかもしれませんが、この恐怖症を抱えている人は割と多いです。
子供恐怖症はペドフォビアという英語の呼び名で呼ばれることも多いです。

 

子供が嫌いという人も当然います。
・面倒だから
・うるさいから
・生意気だから
などの理由で子供が嫌いということで避ける人がいますが、これは子供恐怖症ではありません。
単なる子供嫌いです。
では、子供恐怖症と子供嫌いの違いは一体何でしょうか。

 

子供恐怖症の人にとっては子供が嫌いというわけではなく、怖い、恐怖の対象だったりします。
これは子供恐怖症でない人には全く理解できないことですが、実際子供恐怖症の人は、
・子供の泣き声を聞くと気分が悪くなる
・子供が近くにいると恐怖で動悸が高まる、息が苦しくなる
などの症状があらわれてきます。
ひどくなると、パニック障害や失神などを起こす人もいるようです。

 

これほどまでに、子供恐怖症の人は子供に対して恐怖をいだいています。

スポンサーリンク

しかもこの子供恐怖症は子供恐怖症であることを自覚していても人に相談しにくいものです。
他人に理解されにくいといったことがあります。
一歩間違うと変な人と思われるだけです。
一般的に認知されている高所恐怖症などと違って理解されにくいのがこの子供恐怖症の特徴でもあります。

 

原因は人によって様々です。
幼いころのトラウマの場合もありますし、大人になってから何かしらの子供に対しての恐怖体験が原因の場合があります。

 

どうしても克服できない、でもなんとか克服したいといった場合はやはり専門医などのカウンセリングを受けた方がいいです。

 

やはり原因を探りその原因を取り去ることによって子供恐怖症も改善していきます。

 

結婚などをした場合はやはり子供と接する必要がでてきます。

 

このように、子供恐怖症は相談しにくい問題ではありますが、将来を見据えるとやはり克服する必要があると思います。
子供恐怖症を自覚しているのなら、一人で悩まず専門家に相談をしてみましょう。

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加