幸せ恐怖症 原因 克服

幸せ恐怖症とは?その原因と克服方法

スポンサーリンク

幸せになりたいとは誰しも思うことです。
しかし、幸せになることに恐怖を感じる、幸せ恐怖症というものがあります。

 

いったいどういった原因でそうなってしまうのでしょうか。

 

すごく辛い出来事や悲しい出来事などがあってそれを引きずってしまうことは、よくあることです。
しかし、その引きずっている状態にたいして、良さを感じてしまうことがあるようです。
人の心理とはなかなか難しいものです。
幸せになってもまた不幸になるかもしれないという恐怖が付きまとってしまう場合があります。
このようなことが原因となって幸せ恐怖症となってしまいます。

 

このように幸せになることが恐怖になってしまう矛盾した考えを克服するにはどうすればいいのでしょうか。

 

まずプラス思考になるトレーニングをするということがあります。
これは自己啓発の一部ですが、一定の効果があります。
ポジティブな思考を持ち今よりさらに生活はよくなっていく、幸せになれるという思考を身に着けると、幸せになることが恐怖ではなくなります。
幸せ恐怖症は無意識の潜在意識がもたらしていることが多いので、無意識に幸せになることはよいことだという思考を落とし込むと克服の糸口がみつかることでしょう。

スポンサーリンク

また、予防策として辛い出来事や悲しい出来事が起きた場合その気持ちをきちんと受けとめ感じることが大切です。
つまり辛い気持ちから逃げないということです。
そうすることで、辛い気持ちも終わりが来てまた前向きになれるということを感じ取れます。
そうすることで幸せ恐怖症になることを防ぐことができます。

 

友人というのも大切な存在です。
辛いことを相談することはあっても幸せなことを相談することはあまりないと思います。
しかし、幸せを相談する・・・報告して友人から共感してもらえると、幸せになっていいんだという気持ちができます。

 

人は同じパターンを繰り返そうとする生き物で変化を嫌うことがよくあります。
その変化を受け止めることができるようになると、今より幸せになることができるはずです。

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加