赤面恐怖症 原因 仕事 克服

赤面恐怖症の原因と仕事への影響、克服方法とは

スポンサーリンク

赤面恐怖症を聞いたことはありますか。
人前に出ると顔が赤くなったりする人のことをいいます。
対人恐怖症の一種とされています。

 

赤面恐怖症または赤面症とも言われるこの恐怖症・・・・悩んでいない人からすれば、その程度のことと思うかもしれませんが、悩んでいる人は辛かったりします。
人前に出ると誰しも緊張するものです。
当たり前のことですが、ちょっとしたことで緊張してしまう人がいます。
例えばあまり話したことのない会社の同僚などとの日常会話で緊張してしまい、顔が赤くなったらどうしようと心配しながら会話をする症状があったりします。
こういった場合で本人がコミュニケーションが取りづらくなってしまっていたり、辛い思いが強い場合は赤面恐怖症となります。
もちろんコミュニケーションに大きな影響を与えかねませんので、仕事についての影響は大きいです。
こういった赤面恐怖症にかかってしまう原因はいったい何でしょうか。

スポンサーリンク

緊張すると顔が赤くなってしまうという状況は当たり前におこる生理現象です。
汗をかいたり、ドキドキしたりする症状と同じです。
しかし、やはり人の体質によって顔が赤くなりやすい人がいます。
そのような人で緊張して顔が赤くなって恥ずかしい思いをした思い出があると、トラウマに近い状況となって極端に気にするようになってしまいます。

 

ではこのような赤面恐怖症になっている場合の克服方法はあるのでしょうか。

 

克服方法、または治療方法としては精神療法が中心となります。
つまりカウンセリングで克服するといった感じとなります。
つまり考え方を変えるための治療をしていくこととなります。

 

また、慣れることも克服方法の一つと言えます。
暴露療法といわれるものです。
最初はただ人前に立ってみることなどのことをして、慣れてきたら話をしてみるなど徐々に難易度を上げていきます。
そのようにして自分は大丈夫という自信がついてきたら、克服できたといってもいいでしょう。
しかし、やはり時間がかかることなので根気よくやっていく必要があります。

 

このように赤面恐怖症は克服することができます。
そもそも顔が赤くなることは通常の生理現象なのです。

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加