密集恐怖症 原因 克服

密集恐怖症とは?その原因と克服について

スポンサーリンク

密集恐怖症とは何でしょうか。
その名の通り密集している様に恐怖や極度な不快感を感じてしまう恐怖症です。
たとえば、
・蜂の巣
・魚やカエルの卵
・蟻などが集まって密集していること
・ごはん
・細かい泡
などに恐怖を感じてしまいます。

 

あまり密集している様が心地よいと感じる人は少ないでしょうし、多少不快に感じる人の方が多いと思います。
不快感だけではなく、動悸が早くなったり多量の発汗を伴ったり、嘔吐する場合もあるようです。
ごはんを恐怖に感じてしまうと日常生活に明らかに支障がでてきてしまいます。

 

ではなぜこのような恐怖症が発症してしまうのでしょうか。
やはり子供のころのトラウマが原因の場合が多いようです。
この子供のころのトラウマは本人が覚えてなくても無意識はしっかり覚えていて、そのことを思い出すような場面に遭遇すると拒否反応を起こしてしまいます。
例えば
・子供のころ異常に密集している物をみて不快になってしまった
・体にぶつぶつができてしまい、そのことをからかわれてトラウマになった
などの要因が考えられますが、これは人それぞれです。

スポンサーリンク

密集恐怖症と気づく場合の多くは密集しているものを目の当たりにして嘔吐してしまったことで発症を自覚します。
これはやはり日常生活に支障が出かねないので、克服した方がよいです。

 

では、どうやって克服すればいいのでしょうか。
その克服方法とは
精神科などを受診し、カウンセリングや薬物療法を受ける方法があります。

 

この密集恐怖症の有効な治療としては、やはり慣れることです。
慣れればいいといっても単純に我慢して密集したものを見続けていればよいというものでもありません。
段階的に自信の苦手とする密集した物に身を置きながら治療する方法です。
これを「暴露療法」といい、恐怖症の治療には多く使われます。

 

密集恐怖症でない人には、そこまでして治療しなければいけないことか?と理解しにくい恐怖症ですが、実際発症するとつらく悩むものです。
また、治療には根気が必要となりますので、周りのサポートも重要となりますの。
もし身近に密集恐怖症の人がいたら少しでも理解して、サポートをしてあげましょう。

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加