コンプレックス 醜形恐怖症 原因 診断

コンプレックスによる醜形恐怖症の原因と診断方法とは

スポンサーリンク

醜形恐怖症(身体醜形障害)とは英語でBody Dysmorphic Disorderといわれ略してBDDとも呼ばれます。
醜形恐怖症(身体醜形障害)は自分の容姿について小さな欠点であっても大きな問題としてとらわれてしまう恐怖症、精神疾患です。
自分の容姿に不満がない人はほとんどいないと思います。
しかし自分の容姿の欠点を異常に気にして精神的に苦痛を伴ってしまうことがあります。
こうなると醜形恐怖症(身体醜形障害)となります。

 

醜形恐怖症(身体醜形障害)は顔や肌、体型など人の目につきやすい場所を極度に気にする傾向があります。
たとえば目や鼻口の形やニキビやシミなど、体では二の腕や足の太さなど細かなことを気にすることも多くあります。
しかし、人によっては他人に見えにくい場所まで気にしだす場合があります。

 

他人には全く気にならないような欠点でも大きな欠点としてとらわれて、自分に対して嫌悪感などの感情を強く抱くようになってしまいます。
強迫観念をいだいていまい、いろいろな強迫行為をおこなってしまうことがあります。

スポンサーリンク

その行為とは
・他の人に自分の容姿についてよく尋ねる
・自分の欠点と思っている部分を積極的に隠そうとする(サングラスやマスクなど)
・美容整形を行う・・・美容整形を行った後、満足できずに美容整形を繰り返す
・人と接することを避ける
など主にこのような行為を繰り返します。

 

また、美容整形を行った後に自分の思ってたようになっていないと医師とトラブルになることが多々あるようです。
美容整形側も醜形恐怖症(身体醜形障害)の疑いがある場合手術を断る場合があるほどです。

 

この醜形恐怖症(身体醜形障害)は男性より女性に発症することが多くまた、その多くは10代で発症します。
思春期になると自己意識が変化します。
他人から見た自分の姿を意識するようになります。
自分の理想と現実の違いにコンプレックスを持ってしまう場合が多くあります。
今はそうでなくても、思春期にそういう経験をしたという人は多いのではないでしょうか。

 

このようなことから醜形恐怖症(身体醜形障害)を発症してしまう人が多くいます。

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加