電話恐怖症 症状 原因 克服

割といる!?電話恐怖症の症状と原因、克服方法とは

スポンサーリンク

電話恐怖症という言葉をご存じでしょうか?
電話が大好きという人もいれば苦手という人も多く存在します。
その中でも電話がかかってくる、電話を掛けることや電話で話すことが怖いという人もいます。
こうなると電話恐怖種です。

 

今や普段はLINEなどのSNSやメールでやりとりすることが多くなったので、電話をしなくてもそんなに不便は感じないようです。
日常生活はそうかもしれませんが、オフィスなどで仕事をしている場合は必ず電話がつきものです。
また、日常生活でも完全に電話をしないのはほぼ不可能です。

 

しかし、なぜ電話恐怖症になってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

これは相手が見えないことの不安や失敗を恐れることなどでおこります。
特に電話で話が途切れた「間」が恐怖という人も多いようです。
声だけで相手とコミュニケーションするわけですから、やはり話が途切れた間があると、どうしていいかわからなくなってしまうことの不安はあります。
また、オフィスで働いている場合、電話がかかってくる相手は客先や取引先などあまり面識のない相手や初めて話す相手の時が多くあります。
なおかつ相手に失礼があってはいけません。
仕事の電話で失敗してしまい、みんなに迷惑をかけてしまったなどの経験があると電話に出ることが億劫になってしまったりします。
そのように電話で失敗してしまった経験から電話をすることが恐怖となることもあります。

 

では、仕事に支障をきたしかねない電話恐怖症を克服するにはどうすればいいのでしょうか。

 

電話恐怖症はネガティブな思考からくることが多いので思考をポジティブに変えることによって克服できます。
自分はできると思うことです。
しかし、そう簡単には思考は切り替わりません。
自己啓発を学ぶとポジティブシンキングになれ、電話恐怖症がなくなる場合があります。
難しいことは考えずに本を読んでみるなどしてみてもいいでしょう。
おすすめする本は「7つの習慣」というスティーブン・R・コヴィー著者の本です。

 

少しの思考を変えることが電話恐怖症をなくすきっかけとなることが多くあります。
電話恐怖症で悩んでいるのであれば、試してみてはいかがでしょか。

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加