先端恐怖症 原因 症状 克服

先端恐怖症とは?その原因と症状、克服方法について

スポンサーリンク

先端恐怖症とは何でしょう。
もしかしたら聞いたことはあるという人も多いかもしれません。
先端恐怖症とは読んで字のごとく先の尖ったものに異常に恐怖を感じる症状があります。

 

もしシャープペンや針、ナイフなどの先端を見ると嫌な気分になる、落ち着かないなどの症状がある場合は先端恐怖症の可能性があります。
また箸の先端に恐怖を感じる場合もあり、この先端恐怖症も日常生活に支障をきたすことがあります。
もちろん軽度の先端恐怖症なら日常生活に支障をきたすことは、ほとんどありません。

 

では、なぜ先端を異常に恐怖に感じてしまうのか。
その原因は単純に心配しすぎ、という場合があります。
尖ったものは危ないということを極端に心配しすぎてしまうことです。

 

後やっかいなのが、トラウマが原因の場合です。
先端が尖った物で怪我をして痛い思いをした過去や知り合いがけがをした経験などが原因の場合は症状が重い先端恐怖症となる場合がよくあります。
このようなトラウマが原因なのは多くの恐怖症に共通しています。

スポンサーリンク

この先端恐怖症が日常生活に支障をきたすような症状の場合はやはり克服しなければなりません。

 

ではどうやって克服していきましょうか?
これはやはり先端が怖いという間違った認識をただして、新しい思考(先端は怖くない)を取り入れることです。
具体的にどうすればいいのか・・・といいますと、不快に思うかもしれませんが、恐怖の対象である先端の尖ったものを触って大丈夫であることを無意識にインプットします。
ここで注意しなければならないことは無理をしてはいけないということです。
無理をして一度に多くの先端を触ってしまうとパニックを起こして症状が悪化してしまう危険性があります。
その危険性を理解して、少しづつ慣れていくということをするといいです。

 

それでもどうしてもうまくいかない場合はカウンセリングを受けるという方法もあります。
催眠療法なども効果的といわれます。

 

このように先端恐怖症を克服するためには無理をしないことが重要です。
自分で克服しようとする場合は悪化させないように注意しましょう。

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加