高所恐怖症 診断 チェック

あなたは高所恐怖症?その診断とチェック方法

スポンサーリンク

あなたは高いところは得意でしょうか?苦手でしょうか?
基本的に人は高いところにいて、下が見える場合に恐怖を感じます。
しかし、それは恐怖症と言えるかというと言えないところがあります。
高所恐怖症とは、例えばビルの3階などにいるだけで恐怖を感じてしまうようです。
極端に高いところにいることを恐怖に感じる場合は高所恐怖症といえます。
そうなると日常生活に完全に支障をきたしますね。
ここまでくると診断書がでますし、明らかに高所恐怖症であるといえます。
しかし、高いところは危険であり、空を飛ぶことのできない人間が高いところに恐怖を感じるのは当然の反応ではないでしょうか。
人間の本能の一部であることは間違いないですが、高いところを必要以上に恐怖と感じてします場合は恐怖症と言えます。
ここで問題が・・・必要以上の恐怖とはどのくらいの恐怖を言うのでしょうか。
やはり、日常生活に支障をきたすレベルの恐怖といえます。
曖昧な表現ではありますけど・・・・
具体的に言うなら高いところにいて、パニックや嘔吐など病的な極端な反応をする場合ですと日常生活に支障をきたしているといえます。

スポンサーリンク

普通の人は高所から下を見下ろすと恐怖を感じるものです。
しかし、高いところで恐怖だけでなく、パニックを起こしたりするとこれは治療が必要な高所恐怖症となります。
観覧車に乗ったり、ジェットコースターに乗るのは怖くて乗れないというのは日常生活に支障をきたしているとは言えません。
なので治療の不要な軽度な高所恐怖症、または単に高いところが苦手なだけとも言えます。
逆に明らかに高いところで下を見ても恐怖を感じない方が病的であるとの意見もあるようです。
このような状態を高所平気症といいます。
この高所平気症は高所を怖いと全く思わないことが病的であるとも言えます。
このようなことから高所恐怖症であるかの診断やチェック方法は・・・
・通常では高いと思えない場所1メートルの台の上などで極度の恐怖やパニックを起こす
・高いところにいるだけで恐怖を感じる・・例えば普通のマンションの2階以上の部屋にいるだけで極度の恐怖を感じるなど
極度の高所恐怖症は下が見えなくとも、高いところにいるというイメージで恐怖を感じます。
そういう場所でイメージだけで、恐怖を感じるのであれば、治療を必要としている可能性があります。
もし高所恐怖症の症状で日常生活に支障をきたしているのであれば、病院に診察に行くことをおすすめします。

スポンサーリンク