恐怖症 原因 克服

恐怖症の原因と克服

スポンサーリンク

恐怖症と一言で言っても様々です。

 

恐怖症が発症しやすい性格があります。
やはり真面目で神経質な人だったり内気な性格だったりする人がなりやすいようです。
トラウマのようにいやな経験をするとそのことが恐怖症になったりします。

 

恐怖症となるとその特定の物や場所などに異常に恐怖を感じてしまいます。
軽く見られがちな恐怖症ですが、パニックなどの発作が起こることも珍しくなく注意が必要です。

 

発症者が多い恐怖症は「対人恐怖症」です。
また、恐怖症と名前のつく病気は相当な数があります。
その数は数百種類・・・500種類以上ともいわれています。
あまり事例がない事柄で恐怖症になることも十分に考えられます。
当サイトではその中でも比較的有名な恐怖症を紹介していきます。

 

また、有名なものでは「高所恐怖症」があります。
しかしこれは単に高いところが苦手・・・というだけで恐怖症でない場合が多いようです。
高所恐怖症もひどくなると通常の日常生活にも支障をきたします。
ビルの3階位の高さにいるだけで恐怖を感じてしまう場合などです。
この場合下を見なくても、その高さにいるという状態だけで恐怖を感じてしまうのです。
またそのことについては詳しく説明していきます。

 

また恐怖症もひどくなるとうつ病を発症してしまう場合もあるので、単なる恐怖症と侮れません。
ひどい場合は病院での診察を受ける必要があります。

スポンサーリンク

ひどい場合の恐怖症の治療は投薬治療や催眠療法などがあります。
また、自分で克服するにはその恐怖に慣れるしかありません。
しかし、克服しようとして過度にがまんして恐怖に慣れようとするとストレスになり症状を悪化させる原因になってしまったりします。
自分で克服しようとする場合は十分な注意が必要です。
間違った克服方法では状態が悪化してしまう可能性も考えられるからです。
できればカウンセリングなんかを受けるといいですが、心理カウンセラーは保険が効かないということもあり、そのカウンセリング料は高くなりがちです。
このことから、気軽にカウンセリングとはなかなか難しいので、当サイトのようなホームページで恐怖症をしり、必要であれば書籍などで勉強して自分がどのような恐怖症なのか、重度なのかどうかなどを調べます。
それで、カウンセリングが必要と判断した場合は受診しようとする、そのカウンセラーの治療方針をよくよく確認する必要があります。
施設が変われば治療方針も大きく変わりますので、注意が必要です。

 

当サイトがあなたのお役に少しでもたつことができればと考えています。

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加